蓬莱・渡辺酒造店HOME > 店長ブログ > 酒蔵見学

店長ブログ

今年もやります!蓬莱蔵まつり【飛騨のにごり酒なら渡辺酒造店】

LINEで送る

いつもお読み頂きありがとうございます。

蓬莱蔵元 渡辺酒造店です。

毎年恒例となりました「蓬莱蔵まつり」が

3月19、20日の二日間開催されます。

イベント数も昨年よりパワーアップしていますよ(^◇^)

子どもから大人まで楽しんで頂けますので

ご家族、ご友人とぜひお越しください。

12605311_1055135254546549_3659644638571816576_o[1] 12628566_1055135244546550_7334032724719726158_o[1]

 
蓬莱蔵まつりの詳細はこちらから

http://www.sake-hourai.co.jp/hida_event.html#20160319
最後までお読み頂きありがとうございます。

 

日本酒の海外振興施策 講師育成研修【飛騨のにごり酒なら渡辺酒造店】

LINEで送る

いつもお読み頂きありがとうございます。

蓬莱蔵元 飛騨のにごり酒 渡辺酒造店の大田です。

昨年11月にありました出来事についてご紹介いたします。
世界62ケ国に広がるワインの教育機関に日本酒のコースが開校しますが、
それにあたって日本酒の海外振興施策としてこの講師育成研修を農水省が支援しています。
その研修の一環での蔵元訪問で岐阜県の飛騨・高山地域にやってきました。
昨年IWCにて「上撰・蓬莱」が最高金賞を受賞したこともありまして
ここ渡辺酒造店にも訪れました。


蔵人の田邉、コディによる丁寧な蔵見学。

皆さま興味津々にお話を聞いていました。

難しい質問もバシバシ飛んでいました。

さすが日本酒の講師を目指している人ばかりで質問の内容もハイレベル!!

 
その後、別室にて「テイスティング」の時間です。


あれだけ盛り上がっていた酒蔵見学がまるでなかったかのような静けさ・・・。

テイスティングになると皆さま顔が変わりました。さすがはプロ!!

香り、味を何度も確かめながらテイスティングノートを記入しておりました。

 
昼食の最後に代表者のアントニー・モス氏からの謝辞で

彼は「我々がワイナリーを訪問した際に、いろいろな事情で、時に深い交流にならない時があります。

それはそれで仕方のない事なのですが、今回の渡辺酒造さんへの訪問で皆さんが様々に準備をされ、

我々の短い訪問を大変有意義で印象深いものにしてくださった事は我々の胸に深く刻まれました。

講師達は蓬莱さんの有難うパワーの事は決して忘れないと思います。心から感謝いたします。」と語りました。

 
このようなことを語って頂き、大変光栄でした。

今はまだ世界に日本酒が広まっていませんが、今後ドンドン海外の方に日本のお酒を飲んで頂き、

世界中で飲まれるような日本酒を造っていきたいと感じました。

 
最後までお読み頂きありがとうございます。

最後に一票宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

先日の蔵見学の様子【飛騨のにごり酒なら渡辺酒造店】

LINEで送る

いつもお読み頂きありがとうございます。

蓬莱蔵元 飛騨のにごり酒 渡辺酒造店の大田です。

先日ご案内いたしました蔵見学の様子をアップさせて頂きます。

少しでも興味を持っていただますと幸いです。



さすが!!蔵人田邉!!

細かいところまで丁寧に説明していました。

IMG_5304

IMG_5308

IMG_5328

撮影しながら私も勉強させて頂きました。

1週間前から蔵見学の予約を受け付けております。

お酒造りをしている今の時期は色々なところを見ることができますので、

この機会にぜひ飛騨古川へお越しくださいませ。

ご案内は私大田がさせて頂くこともありますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 
最後までお読み頂きありがとうございます。

 

本日の蔵見学の様子【飛騨のにごり酒なら渡辺酒造店】

LINEで送る

いつもお読み頂きありがとうございます。

蓬莱蔵元 飛騨のにごり酒 渡辺酒造店の大田です。

本日午前中に外国人観光客が蔵見学に渡辺酒造店を訪れました。

スクリーンショット 2015-01-22 16.33.31

ご案内人はやはり「蔵人コディ」です。

日本にもう10年近く住んでいるのに英語ペラペラでした。

私には何を言っているのか全くわかりませんでした。(笑)

ひとつひとつの場所を丁寧に説明していました。

動画は仕込みタンクについて説明している様子です。

 
日本酒は蒸し米、麹(こうじ)、水を加えて発酵をさせますが、原料を全量タンクに入れてもタンクの7割程度にしか入れません!!

何故か!?

理由の1つに動画のように泡がタンクを溢れんばかりに上がってくるからです。
これを「高泡」といいます。

この泡の正体は皆様ご存知の「酵母」が、仲間を増やしている状態です。

そして、タンクの上に乗っているのは「泡消し器」と言いまして、これがないとタンクから「酵母」が溢れてしまいます。

 
皆様も酒蔵見学のチャンスがございましたら、タンク1本1本の泡の違いをご覧戴くとより楽しく、美味しくお酒を呑んで頂けると思います☆

 
最後までお読み頂きありがとうございます。
2 / 212

はじめてセット

新規会員登録

RSSリーダーで購読する

取扱商品カテゴリー

価格帯で商品を探す

渡辺酒造について

渡辺酒造について
飛騨路を北へ。
詩情豊かにたたずむ街"飛騨古川"に蓬莱の酒蔵はあります。

バーチャル蔵見学

バーチャル蔵見学
国登録有形文化財 飛騨古川の酒蔵「蓬莱・渡辺酒造店」へようこそ。

インフォメーション

メールマガジン購読/解約

渡辺酒造携帯サイト